YPF PHOTO

CONTEST


 屋久島国際写真祭(YPF)は「世界から屋久島へ、屋久島から世界へ」をキーワードに、屋久島を拠点とした写真祭開催による文化交流活動、そして作品を国内外にて展示する移動式ギャラリーとしての活動を通して、まだ知られざる屋久島の魅力を世界に発信すること、そこから島の活性化につながることを望んでいます。

 このYPFのフィロソフィーをもとに、今秋11月3日から5日間にわたり「第三回屋久島国際写真祭」を開催し、これまでで初の試みとなる「YPF PHOTO CONTEST」を開催いたします。この度の「YPF PHOTO CONTEST」では審査員にパリを拠点にファッションや肖像の分野の第一線で活躍するMauro Mongiello氏を迎え、「屋久島部門」「自由部門」を設けております。

 表現するということは伝えるということ。1枚の写真を通してそこに込めた思いがひとに伝わるとき、言葉や文化を超えた感動が生まれます。小さな島から発信された写真が、海を越えて人の心を動かす、YPFはそんな写真の可能性を信じています。

 ひとが歌う、描く、踊るように、伝えたいものを「写真表現」にてご応募ください。皆様の写真の多様性に触れられること、写真の可能性を信じ、共に発揮できることを楽しみにしております。

 

APPLICATION REQUIREMENTS

THEME / テーマ

・屋久島部門

・自由部門

AWARDS / 表彰

・最優秀賞 各部門1名    副賞:SIGMA dp2 Quattro

・優秀賞  両部門から約5名  副賞:YPF MONSTRE GALLERYトートバック

 なお、入賞作品は第三回屋久島国際写真祭 YPF PHOTO CONTESTブースにて展示いたします。

A PANEL OF JUDGES / 審査員

写真家・Mauro Mongiello(マウロ・モンジエロ)氏

WEB : http://www.sofiamauro.com

パリを拠点に活動。アルゼンチンのブエノスアイレスで Sofia Sanchez 氏に出逢い、写真家としての活動を始め、2 人でフォト・ デュオを結成。パリに拠点を移してのち、彼らのデュオは若手写真家に贈られる Pict 賞を 2002 年受賞、 パリで初の個展となる Le Palais de Tokyo を開催。 Sofia、Mauro両氏の作品群はエレガントかつモダンなスタイルでファッションと肖像画の両方を端的に表現している。両氏は数多くの国際ジャーナルに取り上げられる。
The New York Times, The New Yorker, Interview Magazine, Numéro, Flair, Russian Vogue, Japanese Vogue, L’ Uomo Vogue, Italian Vogue , Vanity Fair ... 近年はエア・フランスの最新キャンペーンに登場したばかりで、それ以前は各社 Armani, Lanvin , Bergdorf Goodman, Anna Sui ほか多数に続くものである。 Mauro氏は、より個人的なテーマをより自由に表現できるフォト・デュオを通じてファッションや肖像の分野で作品を撮り続けている。 

 APPLICATION PERIOD / 応募期間

2018年7月1日~2018年8月31日

APPLICATION FORMAT / 応募形式

・屋久島部門:単写真、組写真               ・サイズ/長辺2000pix
・自由作品部門:組写真(1シリーズ5~20枚程度)            ・解像度/72dpi
・カラー、モノクロ可                   ・フォーマット/JPEG
 
写真の容量は1枚あたり1MBまでとします。1つのフォルダにまとめた作品を We Transfer 経由で ypf.photocontest@gmail.com 宛にデータにてご応募ください。プリントでのご応募は受付ません。We TransferのMessage欄に「YPF PHOTO CONTEST応募」と「応募者の氏名」をご記入ください。

PUBLICATION OF REVIEW / 審査発表

入賞された方々のみ、10月上旬にメールにてご連絡致します。入賞者には連絡後、展示用作品データを再入稿していただきます。
その後YPFにてインクジェットプリントをし、第三回屋久島国際写真祭 YPF PHOTO CONTEST展示スペースにて入賞作品展を開催します。(2018年11月3日〜11月7日)
また第三回屋久島国際写真祭オープニングセレモニーにて入賞者の表彰式を予定しております。

APPLICATION AGREEMENTS

応募作品について

・応募作品は未発表のものに限ります。同一または類似作品が規模の大小に拘わらず、他のコンテストなどに応募中または応募予定、あるいは過去に入賞して画像が確認できる作品は応募できません。ただし、応募者本人の製作による市販目的のない出版物や本人のホームページに掲載した作品、審査のない写真展に出品した作品は応募できます。
・被写体の肖像権侵害等の責任は負いかねます。万一、第三者と紛争が生じた際は、応募者自身の責任と費用負担によって解決していただきます。
・応募者本人が撮影し、すべての著作権を有しているものに限ります。他人の名前を使用した場合は失格になります。

応募方法について

・規定外のサイズやフォーマットの写真は失格になります。
・使用カメラやフイルムの銘柄に制限はありません。
・両テーマへの応募は可能ですが、1つのテーマにつき1人1作品までとします。
・下記「YPF PHOTO CONTEST申込みフォーム」のご応募とWe Transfer 経由での作品データ入稿の両方の確認をもってエントリー完了となります。

入賞について

・1人1賞とします。
・応募規定に違反した場合、または入賞決定後でも類似や二重応募と主催者が判断した場合は、入賞を取り消すことがあります。
・全入賞作品の使用権は主催者に帰属し、プリント展示、出版物、宣伝広告、インターネットなどへ無償で使用させていただきます

個人情報の取扱いについて

・記載いただいた個人情報は、入賞通知・表彰・作品展示など本コンテストを運営するために必要な範囲で使用させていただきます。
・入賞発表、作品集、作品展に展示、広告に使用する作品などには撮影者の氏名や都道府県名を明示させていただく場合があります。

APPLICATION FORM