3月 27, 2022 - YPF in KYOTOGRAPHIE Information Machiya | YPF セレクション展 はコメントを受け付けていません

YPF in KYOTOGRAPHIE Information Machiya | YPF セレクション展

コンセプト | CONCEPT 

  日仏共同創立である屋久島国際写真祭 YAKUSHIMA PHOTOGRAPHY FESTIVAL  (YPF) のミッションは「着想・創造・共有」です。私たちは人と人とのコミュニケーションをアートの文脈から解釈し、現代的な手法による多様な視点での交流を行い、他者や社会を相対的に見る機会を創り出します。また、アートの視点と文脈から写真を媒体とした文化交流を行う事で、多様性の島「屋久島」で新たな価値が循環する仕組みづくりを推進します。

 その一つとして、島のあらゆる地域資源に焦点を当て、新たな発見と創造が生まれ、より深く屋久島とつながる写真祭を開催します。これまで見過ごされてきた島の断片を、アーティストによる多様な視点から拾い上げ、制作された新たな写真表現は写真祭に集約され、多様な形を通して国内外へと共有されます。「芸術こそ進化にとっての唯一の可能性、世界の可能性を変える唯一の可能性」とのヨーゼフ・ボイスの言葉にもあるように、イメージという共通言語を介して島内外の様々な事象に触れることで交流の波紋が広がり、より良い社会の構築に寄与します。時には異なる価値観に相対しながら各々の見方が互いに反響しあい、新たな視点が育まれること、そして交流する喜びを再発見する場を、実現していきます。

 多様な人が繋がり合う場。それは、水紋が広がるよう に交流を生み、循環の停滞を解消していく試みであり、 多様性の島「屋久島」でしか出来ない事だと考えます。 

 

YPF selection exhibition in KYOTOGRAPHIE 2022開催にあたり 

 今回のテーマは「CYCLE(循環)」です。

 国内外にて活躍する日仏のアーティストにより、屋久島を舞台に制作された作品で構成されたこの展覧会は、多様性の島・屋久島を表現するかのように、一空間で多角的な視点を共有することを可能とします。命の循環や、自然界における循環、普遍的に見える存在にも循環が繰り返されています。屋久島ではその循環を直感的に感じることができる場であり、それらに敏感に呼応し、表現された作品をお楽しみください。

 新たな視点を得ること、それはより豊かな創造へとつながり、日常を生きる我々にとって大きな糧となり得ます。なぜなら固定化された自我から解放され、新たな魅力に気づくと同時に数多の可能性の存在に気づくからです。今回のKyotographie2022での展覧会のように、YPFは国内外における展示活動のプロジェクトを設け「移動式ギャラリー」としての活動に加えて、「屋久島での国際写真祭」、「アーティストインレジデンス」、「屋久島ファウンドフォトアーカイブスプロジェクト」、「写真エキスパートによるポートフォリオレビューやアワード」を開催しています。初めは微かな音が次第に空間を埋めるような音へと発展していく、松尾芭蕉の「古池や蛙飛び込む水の音」のように、人と人、人と環境が共鳴し合い、出会える喜びの増幅の一旦を担えれば幸いです。この度は、この様な素晴らしい機会を与えていただKyotographie様に厚く感謝申し上げます。

NPO法人屋久島国際写真祭

 

展覧会概要

日時:2022年4月9日〜5月8日

会場:八竹庵

住所:〒604-8205 京都府京都市中京区三条町340

参加作家:渡部さとる・マウロ モンジエーロ・フレデリック レイヤー・駒瀬由宗

トム ブシェ・大野雅人・吉村卓海・長谷川 冬樹・アントナン ボルジョー・千々岩孝道

在廊予定日:2022年4月9日〜4月10日

展示作品販売あり

問い合わせ:Kyotographie事務局、TEL +81 (0) 75 708 7108、FAX +81 (0) 75 708 7126、

〒604-8205 京都府京都市中京区三条町340

-

主催:NPO法人屋久島国際写真祭

協賛:株式会社PHOTOPRI

協力:M1997, 一般社団法人KYOTOGRAPHIE

-

 

■YPF in Kyotographie information machiya | YPF selection exhibition■

Period:09/04-08/05 2022

Venue:Hachikuan

Address :340 Sanjo-cho, Nakagyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 604-8205

Photographer:Satoru Watanabe, Mauro Mongiello, Fredric Layre, Yutaka Komase, Tom Bouchet, Masato Ono, Fuyuki Hasegawa, Antonin Borgeaud, Kodo Chijiiwa

Scheduled date of residence:09/04-10/04 2022

Exhibits available for sale

-

Organizing: Specified non-profit organization YAKUSHIMA PHOTOGRAPHY FESTIVAL

Sponsorship: PHOTOPRI Ltd @photopri_matsumura

Cooperation : M1997, Institute KYOTOGRAPHIE

-

Contact: Kyotographie office,TEL +81 (0) 75 708 7108FAX +81 (0) 75 708 7126670-10 Shokokujimonzen-cho, Kamigyo-ku, Kyoto, 602-0898, Japan

 

 

 

 

 

Published by: YPFSITE

Comments are closed.