YASUKO YONEMOTO

私にとっての写真

 

誰も私には気が付かない。どこにでもいる普通で目立たない人間だから。

 

小さい時からとても普通すぎて目立ったことがない。 それは今も同じ。

楽観主義者でもないし、おしゃべりでもないし、しかも人見知りだ。

世の中の注目を集める人というのは何か特別なものを生まれながらに持っている人だと思っていた。

職場での私は仕事を円滑に進めるために働くコマのひとつ。

ある意味、それが私の人生、そうやって何の問題もビックリするようなことも起こらず平平凡凡に過ぎていくと思っていた。

 

ひょんなことから写真を真剣にやってみようと思うようになった。

ピンホールカメラを使ったワークショップに参加して、シンプルな仕組みを通して太陽がフィルムの上に作り出す世界に魅了された。それはまるで時間をギュッと凝縮してフィルムに閉じ込めたようだった。

だが次第にピンホールカメラが生み出す魔法のような世界観に飽き足らず、ピンホールカメラではなく、自分自身で写真を撮りたいと思ったのだった。

 

そして、旅行のたびにカメラを持ち出すようになった。

特にこれといった目的もなく、気持ちが動いた時に写真を撮るということを続けている。

旅先で撮る場所は、たいていはとても静かで人気もなく、ちょっとさびしげなところだ。

だが、そんな場所から感じるのは、誰にも邪魔されず、わが道を貫くような力強さだった。

 

そういう場所では何故か安心し同調している自分がいた。

自分と同じものを見つけ、また自分は自分のままで良いのだと感じている。

 

Photographs and me 

 

No one noticed me because I’m too normal and blended in the crowd, nothing special.

I 've been too normal to be noticed.  Still I am.

I ‘m not an optimistic, not a talkative and shy of strangers.

I thought that the person who has something special gets the attention from the world.

At work, I'm spending time as a piece of wheel to make the office run normal.

In a way, I believed my life would go like that forever, without any trouble and big surprises.

It was just a coincidence to start taking pictures seriously.

I took a workshop of pin-hole camera and I was fascinated by its uniqueness that the sun creates the world on a film.  As if it is packed the flow of the time on a film. 

But gradually, I wanted to take pictures with other format which doesn't rely on the coincidences which pin-hole cameras often create with the magic.

Then I start travelling with my cameras without any purposes; just take it when I felt something special with my heart.

These places are quiet, a few people are rounded, and seems lonely.  

But I sense the strength from the scene that no one disturbs, and keeps its way.

I feel comfortable and sympathize with it.  

Maybe I see myself in that scene, 

finding myself 

and retrieving confidence that I’m fine as I am.

YASUKO YONEMOTO
Yokohama, Japan

 

米本 康子 (よねもと やすこ)

 

横浜市出身

2008年     写真家 渡部さとる主催 WORKSHOP2B 受講

以降、森谷修氏の写真ワークショップ等、写真講座等を受講し写真の研修を続けている

 

 

展示

2008年8月    Peace Works こころとこころをつなぐもの linking souls (ZAIM/横浜)

2009年9月    WORKSHOP2B 26期グループ展 (Gallery Le Déco/東京)

2010年7月    ポストカード展 陽だまりの庭 (ル・ジャルダン・アンソレイエ) 

(世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー内区民ギャラリー/東京)

2011年4月    somewhere, nowhere 鈴木美保 丸山杏子 米本康子 写真展

(Gallery E&M nishiazabu/東京)

2011年9月    Basement Gang グループ展 (Gallery Le Déco/東京)

2011年11月    米本康子 ポルトガル写真展 旅の途中 (Theater & Co. COREDO)

2014年9月    グループ展 Regard 2 (ギャラリーコスモス/東京)

Contact: yasukofoto@gmail.com

 

YASUKO YONEMOTO

 

Born in Yokohama, Japan

In 2008, attended Satoru Watanabe’s photography workshop “WORKSHOP 2B” in Tokyo, Japan.

Since then, learn photography by attending Osamu Moriya’s photography workshop and several others.

 

Exhibitions: 

Sept. 2014    Regard 2 (at Gallery Cosmos/Tokyo, Group exhibition)

Nov. 2011    Tabi No Tochu (Middle of the journey) (Theater & Co. COREDO/Tokyo, collaboration event Fado and Photo)

Sept. 2011    Basement Gang Group Exhibition (Gallery Le Déco/Tokyo, Group exhibition)

Apr. 2011    somewhere, nowhere Miho Suzuki, Kyoko Maruyama, Yasuko Yonemoto Trio Exhibition (Gallery E&M nishiazabu/Tokyo)

Jul. 2010    Post Card Exhibition Le Jardin Ensoleile (Public Hall at Taiji Kiyokawa Memorial Museum / Tokyo, Group exhibition)

Sep. 2009    WORKSHOP 2B Group 26th Exhibition (Gallery Le Déco/Tokyo, Group exhibition)

Aug. 2008    Peace Works linking souls (ZAIM/Yokohama, Group exhibition)

Contact: yasukofoto@gmail.com